第62回日本心臓病学会学術集会

第62回日本心臓病学会でMCGを利用した研究が発表されました。

研究は95例を対象とし正診率78.9%となり、非侵襲のMCGは冠動脈病変を比較的高率に検出できるためスクリーニングに非常に有用であるという内容で、会場の多くの皆様に発表を傾聴頂きました。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。